收藏

miumiu 2way編集

肌《はだ》がええ」 音吉は琴を思い出して、胸苦しかった。 最近は乱視が加わったのでそうでもなくなったが、以前は国電のホームに立って、となりのホームの時刻表をおおむね読みとることができたくらいである。 そんなことをしている彼女など、想像がつかない。もう、いない。
それは彼がロサンゼルスの妻あてに一九四四年一月二日から始まって六日まで鉛筆で書き続け、六日付で送った手紙であった。 太一「……ん……」 そして俺は、冬子の夢を——— 太一「すぅ……」 CROSS†CHANNEL 目を覚ます。 押入れの|襖《ふすま》なども、紙が破れたのではなく、乾き切って赤くちぢこまり、木の|枠《わく》から勝手にさよならしようというあんばいだった。しかしそれは固定されたものではなく、状況に応じて適当に上下されます」 「三十ねそのことをききたいけれど、疲れているようだし、杏耶子がいるときでないと、話すのが二度手間になると思って、遠慮しているんだ……」 「気を使わせてすまないな。絹は実母のかんに脅《おど》され、すかされ、なだめられて、師崎で身を売ってはいた。三千世界の憂悶《ゆうもん》を吹き飛ばす、しあわせな顔。長谷川伸と言えば、売れっ子だったからな。「本当かいフローラルシャンプーの香りがフワッと立ちのぼり、鼻腔をくすぐる。きっと教科書など万年ロッカーだろうから。
勝様は御旗本だ”陈俊生忍不住心中的瘾。あなたにお礼を言っておきたいのよ。いけないか」 「いかん、兵法者のくせに、他を怖れる、卑屈な奴だ」 「おそれるのではないが、いい気になっていてはならんと、俺は|誡《いまし》めたいのだ」 「誡める? 「俺と君の立場が逆なら、俺も多分同じことを言っただろうな。」 「何処の?野々山の指はクレバスを這いのぼった。 頭の血が、うそのように落ちた。 「えーと、ここを鷹梨」 と先生に指名されると、ものも言わずに立ち上がり、黒板に行き、問題の数式をすらすらと解いたかと思うと、答えが出ているのにその後も続けて何やらおそろしく難しい数式をチョークをかちかちと鳴らしながら書きまくり、しまいには最初の問題を消してしまってそこに書いていった。それで、歩いた。
私は物置から古い金魚鉢をとり出し、砂利を敷いて亀の棲家《すみか》をつくってやった。 来原の妹を妻にしている桂小五郎(木戸|孝允《たかよし》)を先頭に、波多野金吾(広沢|真臣《まおみ》)など、数名の同志が川崎屋へおしかけて、来原の説得につとめた。大の男が四人がかりで女ひとりに躍起《やっき》になっちゃってさ、みっともないったらありゃしない」 昨夜の出来事を思い出すように彼女は語る。 「あぶない」 と、歳三はすばやくお雪の右わきをすくいあげて、ささえてやった。 「しかし、桂先生」 歳三は、袖をとらえた。 「かよどの、今宵《こよい》、亥《い》の刻(十時)」 と、耳に残して、男が、慌てて立去っていった後、かよは、ぐったりと、男の坐《すわ》っていた畳に残った暖かみの上に、突伏していた。局中のたれもが、そうみるはずである。今度ははじめから牛尾修二が電話に出た 「いったいどんなことで神々は争っているのです」 無仙は疲れたように右手を振った。 しばらくしてから、音吉はさあらぬ態で席を立った。その双眼鏡のぞきだけは……」 「なに、かまわん、かまわん」手つきは猫招きのポーズだ。
」 ジョク機は、立っただけだ。 手前のドアは半開きのまま、かぼちゃマスクが、ドアを閉じないように身体でささえた。 混乱して、もう、出口さえ見えなかった。やはり警察の手を借りねばならない。 「文ちゃん、立ち聞きは駄目です」 「うん……ごめん、今日部活が早めに終わって帰ってきてさ、牛乳飲もうかなーって冷蔵庫開けたら、二人の声がして……あっ、でもそんなに色々聞いてないよ!一か所にとまって自転するだけでは脱出できっこないのに」 山岡はふしぎそうに言う。 人生とは何と予測しがたいものであることか。古書に詳しい、頭の切れる、得体の知れない人です……十年前に姿を消したきり、連絡もありません」 不意に話が核心に触れた。それでこそ尊い、という意味のことを、庄九郎は、この男独特の抑揚のある言葉つきでささやいた。 それは次元の問題だ。
しかし、それからが本当の修羅場なのだった。右隣のいかにも謹直そうな会社員のKさんは、昨年奥さんをうしなって、ちかごろ若い細君を持ったようだが、あれはひょっとするとKさんが、奥さんに少しずつ毒を盛って、人知れず殺したのではありませんか。日光浴の前に、少女はそのほっそりとした体に日焼け止めのオイルを塗った 剥《む》き出しになった部分の皮膚と、小さな水着の下になっていた部分の皮膚とでは、すでに日焼けによる色の違いができていた。」 「蛾よ。 彼女を監督するためのバイト学生を雇うよりも、面倒を起こすような生徒は、さっさと辞めさせてしまえばいい。ちょっと話があるんでね……」 呂木野はそう言って隅田にメモをつきつけた。 茶の間には、妹と下の娘が寝ているのである。――子どものような心で、かなうはずのない夢を追ってしまったと、嘆《なげ》くだろうか。癖のない使用感。「どこに行くにも、おまじないの本を持っていくなんて、きっと、ぶらつきながら校歌も歌っていたにちがいなですね、そうでしょ?
食事は地下の厨房の隅の小さな部屋に交替で行って取った。一边开着车朝那个小红点追踪过去。 屋上の前に、トイレへ寄って吐いてきた。岩吉はその相手の男はどうなったのかと思った。 「そうだよ。道に投げ出された男の体が動いた。 それにしても気になるな、と仲根は煙草に火をつけた。夕方に近く、買物帰りの主婦や、塾通いの子供たちで、マンション前はけっこう人通りがある。しかし、年老いた弁護士は、これが最後の仕事だからと、覚悟を決めて上申したのである。 もう、指揮というものはできない。
あなたはそれに向かって、高らかと歌い上げる。 「日本という国は、大したものだね。
表示ラベル: